株式会社いとうシステム営業部トップページへもどる
 


長野県建設CALSニュース@
長野県のCALS受入れ態勢が整う(平成16年10月)

  長野県では、CALS/EC推進計画(アクションプログラム)に基づき、
 工事および業務委託の電子納品の一部運用を平成15年度から開始し、
 平成18年度からは全面運用を予定している。
  特に、平成16年度からは、対象範囲を大幅に拡大することとしている。
 そのため、平成16年8月、検査および発注業務に対応できるよう、各現
 地機関等に必要な機器等の整備を行った。
  このなかには、電子納品対象工事および業務委託の竣工検査、
 会計検査または、事業説明会への対応機器や、CADソフトウェア、
 電子納品検査・閲覧ソフトウェアが含まれており、これらが各現地
 機関に設置される平成16年10月には、長野県のCALSデータ
 受入れ体制が整うこととなる。